As London as possible

ロンドン駐在生活を200%楽しむ

Pretty City London (Bridge編)

運河と共に発展してきたロンドン。テムズ川は想像以上に蛇行している。川幅も思ったより狭い。満潮の時は天候次第では道路に水が溢れたり、干潮のときは干潟と化す。様々な表情を見せるテムズ川を見ていると、まるで生き物を見ているかのようだ。

 

テムズ川を跨ぐように数多くの橋があるのが、Londonの風景だ。新しい橋もあるが、1800年代に出来たものもある。お気に入りの美しい橋を紹介しよう。

 

1.Albert Bridge

ChelseaとBatterseaの間を結ぶ、パステルカラーの橋は、1873年にアルバート公にちなんで設立された。Chelseaには軍事施設もあったが、この橋は設計不良のせいで良く揺れたそうで、部隊は行進を止めないといけなかったとのこと。今でのその禁止文句は橋に掲げられている。とはいえ、4,000個ほどのライトが八角形の星のデザインとともに輝く姿はため息をつく美しさ。多くの人が足を止めて写真に収める場所でもある。

f:id:AsLondonaspossible:20211129083004j:image

ブログの背景やアイコンにも使用させてもらった私にとっても思い出深い橋。実は小学生の時イギリスに旅行したことがあり、その際The Thamesというテムズ川の写真集のカレンダーを買ったのだ。我ながら渋い。。その中で一番好きだった2月の写真がまさにAlbert Bridgeで、London着任後実際目にして、点と点が結ばれたときの嬉しさといったらもう。

f:id:AsLondonaspossible:20211129083127j:image

 

2.Hammersmith Bridge

Chelseaからさらに西に行った地区、Hammersmithと南のBarnesと結ぶ緑色の橋は、これまた1887年完成と歴史的建造物。本日サイクリングで寄ってみたが、「This bridge is too weak」と張り紙とともに、補強工事がされ通行止めとなっていた。今年7月から自転車と歩行者のみ通行可能になったそうだが、曰く「本当に崩落する可能性がある」と。イギリスの古いものを大切にする文化は好きだが、ロンドンは補強工事のオンパレードだなぁと改めて思った。

f:id:AsLondonaspossible:20211129083136j:image

 

3.Tower Bridge

ロンドンのアイコンと言えばこれ!この橋を渡っていると、「あぁ自分はLondonにいるんだな」と思わせてくれる。1894年完成。シャーロックホームズの映画を見ていると、既に存在していることに驚いた。あるとき、大型帆船が来て、橋の真ん中が上がるのを見たことがある。今も動くのか…

f:id:AsLondonaspossible:20211129083241j:image

 

日本より気象が穏やかななのかもしれない。これほど古い橋が今でも現役で働いているのだから。ロンドン以外の橋も探しに行ってみようと思う。

 

 

 

Pretty City London (Belgravia編)

Hyde ParkとSt.James Parkの間、ハロッズのあるKnights Bridgeとの間の地区のことをBelgraviaと言う。

f:id:AsLondonaspossible:20211128082318j:image

(すこし古い写真だが)

 

この地区はLondonの中でも特にお気に入りの場所だ。Buckingham Palaceにも近く、それでいて静かで、おしゃれなお店が立ち並ぶ。勿論ブティック街のあるSloane St.は華やかだが、メインストリートでないところに、小さな可愛いお店があって、それがまた良い。

 

貴族のGrosvenor家の土地で、歴史的にはThomas Cubittが、もう一つの高級なエリアであるMayfairと共に都市開発しただけあって、よく整備されている。

 

まずは、Belgraviaの南側のお店から紹介しよう。

1.Tomtom

コーヒー屋さん。Tomtomシリーズのお店は他に、葉巻屋やカフェも同じ地区で運営している。色々コーヒーショップを試してみたが、ここが一番美味しい。だが、待つ!

夏の暑い日に飲む香り豊かなアイスラテは、特別な安らぎの時間を与えてくれる。

f:id:AsLondonaspossible:20211128081418j:image

2.Moyses Stevens

チェーン店のお花屋さんだが、ここは変わったお花も揃えている。私はたまに「10ポンドでお任せ」ブーケを作って貰う。自分では思いつかない組み合わせがわくわくして好きだ。

f:id:AsLondonaspossible:20211128081845j:image

 

3.Olivomare

サルディーニャレストラン。Olivo系列は近所にも他にあるが、海鮮系に特化したここのお店は特に好き。お気に入りはカラスミのパスタ。あのMaggie Smithも常連さんだとか。

f:id:AsLondonaspossible:20211128081906j:image

 

次は、北側のお店だ。

4.The Fine Cheese Co

Bathに本店があるチーズ屋さん。クオリティの良い多種多様なチーズなリーズナブルなお値段で提供されている。チーズに合わせるクラッカーはたまに日本でも売っているのを見たことがある。

f:id:AsLondonaspossible:20211128082356j:image

お店の裏口は広場になっていて、夏はパラソルの下、プロセッコとチーズなんて昼から楽しめてしまう。

f:id:AsLondonaspossible:20211128082447j:image

 

5.Ottelongi

中東系のデリ。ロンドン市内には複数のレストランもあり、大人気。ナスとザクロのサラダ、フェンネルとオレンジとゴマのサラダ、オレンジと柚子のフィナンシェケーキ…どこかありそうでない組み合わせが良い。

f:id:AsLondonaspossible:20211128081914j:image

6.Rococo Chocolates

ここのチョコレートは王道も良いが、Lapsang Souchong Tea というスモークティと組み合わせたチョコや、Moroccan Mintとのチョコも新鮮。ふらっと立ち寄って飲むホットチョコレートも冬ならではの楽しみだ。

f:id:AsLondonaspossible:20211128081917j:image

 

まだまだお気に入りの場所やお店もある。更に新しいお店も増えているというのだから、この街の魅力は語りつくせない。

 

王立植物園 Kew Gardens

 

ロンドンの中心部の所謂観光地、ではないけれど、イギリスらしさが感じられるところとして、Kew Gardensをお勧めしたい。

 

Richmondというテムズ川沿いの高級住宅街のそばにあるこの王立植物園は、広大な敷地に温室、種保存研究所から、森、池、宮殿、と様々なものが詰め込まれたところだ。英国の「探索と植民地化」の歴史がここでも見られ、世界各地から集められた珍しい植物が栽培され、研究もされている。

f:id:AsLondonaspossible:20211124083021j:image

四季それぞれ全く違う表情を見せるだけに、いつ行っても面白い。

 

例えば、春。まだ寒い頃、Blue Bellという美しい花が一度に咲く時期がある。

f:id:AsLondonaspossible:20211124083208j:image

ミモザの大木がふさふさの黄色のボンボンを付ける時期も素敵だ。

f:id:AsLondonaspossible:20211124083452j:image

秋、道に落ちたポプラの葉っぱをざくざく踏み分けていく季節もそれはそれでよい。真っ赤な実と、それを狙う小鳥たちのさえずりが、静かな秋を賑やかにしてくれる。

f:id:AsLondonaspossible:20211124083648j:image

そして最後お土産屋さんで毎度買うのが、植物の本。今読んでいるのは、魔法(?)や薬として使われてきた植物について。それが終わったらトニックウォーターの元となるキニーネについての本が待っており、楽しみだ。先週末はEnglish Gardenについての本を買ってみた。次にどこの庭園を訪れるか、アイディアを貰うつもり。

鉛色の空の上

またもや出張で、やっとロンドンに帰ってきた。着陸すると、フランス語圏だった機内から、ボーディングブリッジに足を踏み入れた途端、いつものヒースロー空港だ。それを感じると少しホッとする。

 

街は、あんなに美しかった紅葉が落葉してしまったところが多く、代わりにクリスマスライトアップが少しずつ増えてきた様子だ。鉛色の空、16時には真っ暗の冬のロンドンだ。

 

さて、今回往路は夕方の便だったのだが、同様に曇天の中出発。しかし、離陸して少し高度が上がって見えたのは、雲海と眩しいほどの夕焼けだった。

f:id:AsLondonaspossible:20211121083836j:image

どんなに曇りでも太陽は常に照らし続けているんだよなぁ。

 

"Every cloud has a silver lining" (どんな悪いことにも良い面がある)という諺を思い出した。

 

秋から冬へ

会社の泊まりこみのイベント、そして今週の出張で、あまりLondonにいなかったここ最近。

 

今日はゆっくりしようと思ってふと街に繰り出したら、何時の間に秋は終わりかけていて驚いた。

f:id:AsLondonaspossible:20211114214758j:image

Hyde Parkもすっかり色付き、絵に描いたような「Autumn in London」

f:id:AsLondonaspossible:20211114214804j:image

 

 

街はライトアップの飾り付けが進んでいて、既にキラキラ輝いているところもあれば、クレーンに登ってこれから設置しているところもある。

f:id:AsLondonaspossible:20211114084252j:image

こちらはモーツァルトが一時期住んでいたエリアで、彼の銅像もある。

 

目玉のOxford Circusのライトアップも今日から。これから街中がクリスマス一色で、人々の前向きなエネルギーを感じられるのが、楽しみだ。

20か月ぶりの出張

"C"勃発前、最後の出張は2020年2月だった。

それ以降、我々は在宅勤務を始め、オンライン会議をNew Normalとして始めた。初めはITの問題があったが、徐々に慣れてきて、朝から晩までオンライン会議が当たり前になった。その方がいっそ効率的だとも思えていた中、遂に20か月ぶりに英国外での面談を行ってきたのだ。

 

Face to faceの面談を改めて実施してみてわかったのは、

1.表情や息遣いが示す相手の感情

2.出張形式で初めて可能となる、相手と長い時間共にすることで見えてくる本心

3.相手先のオフィスに訪れることで、短時間で多くの人と話せること

であり、オンライン会議は所詮暫定的なSolutionなのだ。

 

また、出張期間中時間を共にしてもらうことで、相手のCommitmentを引き出すことが可能となる。オンライン会議では、「次の会議があるから」と言ってさっといなくなってしまうことがあり、消化不良感があるが、物理的に一緒にいる以上相手を離さないことが出来る。更に、複数の人間と一度に腹を割って話せるので、相手の会社の方向性を多角的に捉えることも出来るのだ。

 

正直言って、Face to Face面談が出来たこの20か月ぶりの出張は、私の人生において記憶に残るものとなったと思う。

 

奇しくもこの出張の1週間前に行った、ロンドンの部署でのTeam Building Eventも刺激を与えてくれた。国連会議か、というぐらい他国籍の多様なBackgroundのメンバーに恵まれていることに気づかされたのだ。そして、様々な仲間と接する中で、浮かび上がってきたのが外から見た日本人の特徴だ。あくまで私の意見だが、日本人は英語がペラペラではない人が多いし、人と繋がるのが他の国の人間に比べて苦手。大雑把な言い方だが、「日本人は計算や分析が得意だが、寡黙で何考えているかよくわからない人が多い」と同僚から言われたこともある。

 

個性を否定するつもりはないが、ありのままの延長ではなく、自分たちの長所短所を理解した上で意識的に取り組まなくては、国際的なレベルの仕事は出来ない。ましてや極東島国の日本は、大陸続き国々に比べ物理的にも、そして文化的理解にもハンデがあるのは当然。足繫く相手のいる場所へ運び、積極的に対話を続けるんだ、というMindsetを200%持って取り組む必要があると痛感した。

 

出張は骨が折れる。が、簡単に手に入れられるものは、簡単に手からすり抜けていくものだ。汗をかくというのは、こういうことか。

f:id:AsLondonaspossible:20211113074420j:image

 

Guy Fawkes Night

イギリスではハロウィンの季節は別の独自のイベントを楽しむ。ガイフォークスナイトだ。1605年にウェストミンスター宮殿爆破計画が阻止されたことを焚き火で祝った出来事があり、それ以来11月5日にGuy Fawkes NightやBonfire Nightと名にてお祝いをするようになった。


昨日はBattersea ParkのBonfire 花火大会に行ってきた。20時から30分だけではあるが、楽しみにしてきたイベントだ。

 


音楽やライトと合わせてひんやりとした秋の夜空に打ち上げられる花火は、日本で真夏に土手に座って焼きとうもろこし片手に見るものとは雰囲気が違う。すぐ目の前で上げられていて迫力満点。もちろんBonfireなだけに焚き火もある。

 


去年Cのせいで中止となったあとでの満を持しての開催もあってか、チケットは完売。当日は黒山な人だかり、人、人!荷物チェックやチケットチェックのレーンもあったが、開始時刻も近づき、東京の満員電車並みの混雑となったからか、途中から「Go go go!」とほぼノールックで入れてくれた…イギリスのそういうところ好き笑

f:id:AsLondonaspossible:20211108014635j:image


HappyやWonderful Worldなど、前向きな曲ばかりで、思い思いに踊ったり、歌ったり。短い時間ながらも、会場全体が嬉しさいっぱいに包まれた楽しい会となった。